Artikel

2017.11.01

「トロールの森2017」に参加いたします

西荻窪の地域イベント「トロールの森2017」にミイせとして参加いたします。

1.企画名
  ミイセ「トトロの樹~みんなでつながるプロジェクト~」

2.企画開催場所
  アトリエ・カノン

3.企画日程
・11月3日(金)~11月23日(木) 11:30~19:00(連日開催)
〇展示 「樹齢200年のトトロの樹 奇跡をたどる写真展」
  
・11月7日(火) 16:20~
〇荻窪中学校美術部制作 紙芝居 「坂の上のケヤキさん」
(「坂の上のケヤキさん」は、「坂の上のケヤキ」(天高文 作)のストーリーをもとに、制作されました。地元の小学校等でも、披露しています。)

・11月11日(土) 16:30~
〇ミイセメンバーによる「坂の上のケヤキ」朗読劇 

・11月18日(土) 17:30~ 
〇SAYURI 福島・熊本復興支援ライブ

「樹齢200年のトトロの樹 奇跡をたどる写真展」

 ミイセ(みんなでいきるせかい)は、みんなが夢や希望をもち、共に生きる世界を作りたいという願いで、アトリエ・カノンを拠点に、地域の人々、海外のアーティストと2008年から活動しています。

 今回、現代アート展「トロールの森」参加に際し、「樹齢200年のトトロの樹 奇跡をたどる写真展」 として、このケヤキに起こった奇跡を写真で、みなさんにお伝えしたいと思います。
 
 2008年、樹齢200年のこのケヤキは、マンション建設に関連して、伐採の話が持ち上がりました。そこで、木の保存のために、ミイセのメンバーが立ち上がりました。その始まりの数は少なくとも、次第に多くの賛同者を得て、伐採反対の署名を1万以上集めることができました。署名を杉並区長に届け、超党派で木の保存が検討されました。そして、ついに区が一体の土地を買い取り、公園として、ケヤキを保存することが決まりました。これが、一つ目の奇跡です。

 2010年4月、公園は完成し、悠然とした姿をより一層私たちに見せてくれていたケヤキでした。  しかし、台風により、木の幹に亀裂が入ったことを機に、ケヤキがどんどん元気をなくしていきました。新緑の時期になっても、葉の出が遅く、夏も葉に勢いありませんでした。そして、秋にも、紅葉もほとんどなく、枯れ葉になって、葉は散っていきました。
 そこで、ケヤキの元気を取り戻すために様々な策が講じられました。しかし、策もむなしく、なかなかケヤキの元気は戻りませんでした。
 「もう、この木は、枯れてしまうのか」とみなが思う事態になりました。
そのような中、ある樹木再生士の方との出会いがありました。杉並区の協力とその樹木再生士の方の施術を経て、次第にケヤキが、元気を取り戻し、今のケヤキがあります。2016年9月には、杉並区で第1号の景観重要樹木に指定され、このケヤキをさらに後世に向けて守ってくことが決意されました。これが、二つ目の奇跡です。
 
 この写真展を通して、ケヤキの奇跡をたどることで、わたしたちは、
「希望をもって信じてあきらめなければ夢はかなう」ということを伝えたいと願っています。

 また、期間中は、このケヤキに起こった奇跡をテーマにした、紙芝居や朗読劇を開催いたします。 奇跡の物語を、より多くの方にお届けする機会になればと思います。

ミイセ(アトリエ・カノン)
山中 啓倭子