作者・天高文からのメッセージ

宮沢賢治の「雨ニモマケズ」という有名な詩があります。この詩は「そういうものにわたしはなりたい」と結びの言葉で綴られています。
そこには、人を思いやって生きていきたいという、彼が目指した生き方が、描かれています。


私は、Hという理想の人物像を通じて、一歩でもその人に近づきたいという思いを込めて、この本「Mission From Heaven」を書きました。
そういう意味で、この本は、私にとっては、小説であると同時に、自己啓発の書でもあります。
一人でも多くの人に、この本を手にとっていただき「Hワールド」に触れて、皆様が夢や希望に向かって一歩でも前に進んでいただきたいと、切に願っています。



2016年2月16日 10:58 AM   透明な天〜ミッション フロム ヘヴン 1〜


トップ